読賣書法展に向けて

こんにちわ!!

今日は、満開の桜をいたるところで見ることが出来ました。

いつ見てもこころが和まされます♪

 

私は、今、読賣書法展に向け、試行錯誤の毎日です。

読賣書法展は、全国でもとても大きな書道の展覧会です。

紙の大きさは、52×225㎝。楷書完成前の字体、六朝といわれている

書体で書いています。1枚書き上げるのに、30分~40分かかります。

大変ですが、とても自分を磨くことができると思っています。

常に向上を目指していきたいと思っています。

左作品は、書家、王義之の欄亭叙を

臨書したものです。

名書をたどることは、とても勉強になりますよ。