臨書にトライ!!

先日のお稽古で、中国唐時代の代表的楷書、

欧陽 詢(おうようじゅん)の九成宮醴泉銘(きゅうせいきゅうれいせんめい)

を、臨書してもらいました。

 

臨書とは、名書といわれている古典を再現するように書いていくことですが、

形ばかりではなく、その勢い等等・・・・・等、をいかに再現するかという過程を

経ることにより書の技を学び取っていくことができるのです。

 

 

精神を集中して書いてくれました。

初めての九成宮の臨書とは思えないくらい上手に書けています!!